FC2ブログ

英語上達完全マップの道

英語学習法サイト「英語上達完全マップ」に乗っ取り、実用に耐えうる真の英語力をつけるべく、日々まったりと勉強していく記録。

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精読トレーニング

マップ法によれば精読トレーニング「英語の構造、レトリックそのままに正確に理解する力」を培うためのトレーニングである。そのトレーニング内容は3つのステップに分かれている。各ステップを自分なりの適当なやり方で進めていくつもりだ。

1.短時間で自分なりに英文を分析意味取りする。
一文一文をゆっくり、じっくり読み、文中にどのような文法構文が含まれているか読み解いていく。意識的に逐一日本語に訳そうとはせずに、英文構造を英文のまま理解するよう心がける。そのため、なるべく返り読みをせず、ゆっくりでもいいので前からじっくりと文を読んでいく。

2.説明、解説の力を借りて理解する。
わからない単語を調べたり、少し自信のないあいまいな文法構造を文法書で確認する。日本語訳も確認し、自分がイメージした英文の意味と合っているか比較する。

3.トレース読み
ノーマルスピードで英文の意味をイメージしながら(日本語に訳していくのではなく)、サーッと読んでいく。


基本的に日本語に訳していかず、英文構造を英語のままのイメージでとらえ、理解しようとすることをポイントにして進めていく。また、英文構造理解のために文法学習と平行しながら進めていくと、効率的に思える。 ので、実際に平行しながらやる。


教材
精読用教材として、音読パッケージ用予定の教材を使用すれば、後に同書で音読パッケージをやる際に効率的であるという意見に従い、音読パッケージレベル2で使用予定の「英会話ぜったい音読・続挑戦編」を用いて行う。全10レッスンの精読をとりあえず2サイクル実施する(終了後、精読は一次中断して同書で音読パッケージレベル2を実施予定)。
以後、さらに次レベルの音読パッケージをやる場合にその教材を用いて精読をやる・・・かも?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigomap.blog49.fc2.com/tb.php/89-fc2c35a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。