FC2ブログ

英語上達完全マップの道

英語学習法サイト「英語上達完全マップ」に乗っ取り、実用に耐えうる真の英語力をつけるべく、日々まったりと勉強していく記録。

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には数多の発音用教材が存在する。それぞれ図や写真、解説など様々な工夫をこらした良教材も多いのだが、それらのほとんど全ては、「発音記号と発音の仕方」「単語での発音練習」のレベルまでの教材しか用意されていない。その単語を含む例文が載っている場合もあるが、その単語の発音記号が載っているだけで、英文全体の正しい発音記号はないし、例文数も少ない。果たして発音を真面目に学ぼうという人たちはこれらの本、1単語ずつレベルの発音練習ばかりしていて、長い英文がまともに発音できるようになるのだろうか? なるのかもしれないが、少なくとも自分は無理ぽ。。。
appleとかbirdとか、一単語ずつレベルならそりゃあ、かなりそれっぽく、正しい発音っぽく言える。が、これが長い英文になると途端、頭が追いつかず、舌が回らなくなり、グチャグチャのカタカナ発音に戻ってしまう。単語レベルはいい。一単語に集中すればいいし、この綴りだとこの発音記号だろうから口の形はこうだな、と考える余裕がある。が、英文になるとそんな余裕はない。これはかなりの慣れが必要に思える。全ての単語に正しい発音記号のついている長英文を繰り返し繰り返し発声して「英文単位レベル」での発音トレーニングを地道に行い、頭と口になめらかな英文発音の口の動きを染み込ませることが大変重要なのではないかと思う。

ところが、残念なことにこのような教材、「適当な長さの英文で、全単語に適切な発音記号が記載されていて、英文を見ながら正しい発音を認識してトレーニングできる教材」というものはほとんど皆無である。英語耳シリーズはかなり理想に近いが、発音の解説が多いため、練習用の英文は少ないため、満足いく量はこなせなそうだ。発音記号のついた英文、音声がたっぷりと収録されている英文発音練習用の教材というものは見かけない。そういうのが欲しいのに。そういうので練習すれば力がつくだろうと思えるのに。

だったら、無いのなら自分で作るしかない! ということで作ることにした。
元教材は例により、これまでしつこく使ってきた市橋敬三氏の「英語口」だ。


 ~英文発音練習用教材を作ろう~
用意するモノ
・英語口初級編1・2の音声ファイル (別に他の教材の音声でも良い)
・mp3DirecCut (←ソフトの詳細と使い方は英語口を使い倒せ!! その2を参照)
・Excelファイル (別にWordでもメモ帳でもなんでも良い)
・英語発音記号フォント (英語学習ツールのページから入手可能)

1、まずmp3DirectCutを起動し、英語口の音声ファイルを無音部でカットする。英語口の場合、14のファイル(英文7、日本語7)に分割されるため、一番最初のファイル(そのレッスンの1番初めの英文音声)をとっておき、他は捨てる。 別に1番最初の例文音声でなくても何でも自分の好きな例文を使用すればいい。
ここでは、英語口初級編の各レッスンの1番目の例文だけを使って教材を作成するものとする。(全125レッスン分の125英文)

2、「英語発音記号フォント」をダウンロード、インストールする。英語学習ツールのページの英語発音記号フォント「English Phonetic Symbol KK」をダウンロードし、インストールする(やり方は同梱Read me参照)。インストール後、再起動すること。このフォントを入れると、通常のパソコンでは入力・表示できないあの特殊な英語発音記号が使用できるようになる。

3、Excelを起動し、で作った音声に対応する各英文とその全単語の発音記号を入力する(フォントでEnglish Phonetic Symbol KKを選ぶ)。各単語の正確な発音記号を記すため、大変面倒くさいがきちんと辞書で調べるコト。レイアウトは各自ご自由に。後々、印刷したほうが使いやすいのでA4に収まるようにすると便利。
 見 本 ↓
英語口発音英文

4、ここでは英語口初級編の125英文分を入力。英語口でなくても、何でも自分の好きな教材の好きな英文を好きなだけ入力してオリジナル教材を作るべし。

作り終わったら・・・後は、印刷して英文・発音記号を見ながら、英語音声を聞きながら、音読・シャドウイング・リピーティングと様々な好きな方法で英文発音トレーニングをやるだけ。一単語レベルでの発音とは違って、慣れるまでけっこう大変だ。口の動きがついていかない。最初はゆっくりでも発音記号を見ながら正しい発音で英文を読んでいこう。繰り返しトレーニングすれば、英文を流暢に発生できる口・唇・舌・顎の動きが身に付くハズ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigomap.blog49.fc2.com/tb.php/111-23443252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。