FC2ブログ

英語上達完全マップの道

英語学習法サイト「英語上達完全マップ」に乗っ取り、実用に耐えうる真の英語力をつけるべく、日々まったりと勉強していく記録。

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 復習 (100/125レッスン)

文法 第1~2ステージ、サイクル2
・Grammar in Use Intermediate Unit 21-30

年末も大詰めで忙しすぎ。。。
休みまでまともに時間確保できないなぁ。

スポンサーサイト

大学の頃、研究室の先輩にいわゆる「帰国子女」がいた。
1、2年程度ちょろっと留学した程度ではなく、ホンモノの帰国子女が。
親の都合で小さい頃にアメリカに行き、高校卒業くらいまで十数年アメリカで暮らしてたそうだ。
日本語も英語もペラペラな正真正銘のバイリンガルというやつだった。
(実際に英語をしゃべってるのは聞いたことないんだけど。)

日本に戻ってTOEICを家族全員受けてみたそうだが、どんなテストなのかという程度のちょこっと対策をした程度で、みんな900点台とりまくっていたらしい。
ただ、その先輩だけは一人、800点台だったのでヘコんだという。
800点でヘコむという実にハイレベルなコンプレックスなわけだが、
このことは単にTOEIC対策だけをガンガンやるんではなく、きちっと英語力を高めていけば
自ずとTOEICのスコアもハイスコアを取れるようになってくる
んだなぁという証明の一つだと思った(遠回りとはいえ)。
まぁ、当たり前のことだろうけど・・・。

それにしてもホンモノの帰国子女の実力はやはり凄いものだ。
留学するだけで英語ができるようになるわけではないだろうけど。


TOEICのハイスコアを取ることが目的なわけではないんで、
この調子でマッタリペースで英語学習を続けていく。
そのうち実力で700点、800点と取れるようになってくることを目指して。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 復習 (75/125レッスン)

文法 第1~2ステージ、サイクル2
・Grammar in Use Intermediate Unit 11-20

「Grammar in Use Intermediate」のサイクル2復習はサイクル1で解説にひいたマーカーを確認し、練習問題に赤ペンで書き込んだ解答を赤下敷きで隠して問題を即答していくやり方で復習していってるんだけど、これでも結構時間がかかるようだ。現状では1日10ユニットくらいがやはり限度かな。やっぱ1周するのに2週間かかる計算。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 復習 (50/125レッスン)

文法 第1~2ステージ、サイクル2
・Grammar in Use Intermediate Unit 1-10

「Grammar in Use Intermediate」2サイクル目を開始。復習なので1日どのくらい進められるかまだペースがわからないが、とりあえず1日10ユニット、2週間で1サイクル完了を目指す。サイクル3くらいまで一通りこなしてから第3ステージ(TOEIC文法問題集)に進もうかな、と。

年末で仕事残業なども多いため、しばらく勉強時間が少なくなりそう。
予定どおりに進まないかもしれない。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 (25/125レッスン)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 131-133「Prepositions」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

ようやく「Grammar in Use Intermediate」1サイクル目終了!! 途中休み休みやってたんで約2ヶ月ほどかかった。明日から、復習で2サイクル目を開始する。復習なので今度はもっと早く終わるハズ。2週間ほどで1周終えることを目指したい。
瞬間英作文は難易度別にやっていくのはやめて、全125レッスンを完全シャッフル再生でやり直すことにした。1日25レッスンずつで5日で1周完了を目指す

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 ★★~★★★レベル(21文)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 123-130「Prepositions」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

瞬間英作文★★~★★★レベルはやはり難しい、ボロボロ・・・。
文法はがんばってラストスパート! 明日で終了させる!!

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 ★レベル(35文)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 117-122「Prepositions」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

長かった文法学習、ようやく最終項目「Prepositions(前置詞)」に入った。ゴールが見えてきた。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 ★0レベル(残34文/69文)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 113-116「Conjunctions and preppositions」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

マップ学習法5ヶ月目。

音読パッケージはレベル1教材「英会話ぜったい音読・続標準編」を終えて休止中。他のトレーニングに力を入れた。

短文暗唱=瞬間英作文はレベル1教材「英語口初級編」の第2ステージ「シャッフル瞬間英作文」を継続、2サイクル目までやった所で、英語音声のみバージョンを作製し、毎日それを聞き続けて英文を馴染ませていく作業をやっていった。

文法は第2ステージとして、引き続き「Grammar in use Intermediate」で継続学習、全体の7割くらいを完了。12月中に全ユニットを一通り終わらせる予定。終わったら、サイクル法で復習をくりかえしていく。

精読トレーニングは「英会話ぜったい音読続挑戦」を2サイクル終了。次、音読パッケージにて同教材を使用予定。

発音はこれまでも何度か集中してやろうとしていたが、なかなかやる機会を作れず。11月末より、本格的に開始(音読パッケージ、精読を休止して)。長くとも12月中でケリをつける予定だ!


文法学習に特に力を入れた11月。量が多いので、毎日地道にやって早くすませ、他メニューにも再度力を入れたい所。発音もいい加減、真面目にやり始めた。新しいメニューに取り組み始めたので、気分転換にもなった所。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル3
・英語口初級編 復習 ★0レベル(35文/69文)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 109-112「Conjunctions and preppositions」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

短文暗唱は英語音声のみのシャドーイングを止めて、日本語→英語の瞬間英作文トレーニング復習を開始。サイクル1で分類した★0~3レベルの内、★0(一番簡単なヤツ)69文を1日でやるのはキツイので半分の35文をシャッフル再生。
★0だから簡単・・・のハズなんだが、結構つっかえつっかえだった。。。 まだまだ真に瞬間英作できるレベルまで英文がしみついていないようだ。しばらく、日本語→英語のトレーニングを続けなければ。 英語口中級編に進むのは当分先かなぁ。まぁ、上級編の発売予定がまだまだ未定なので、腰をすえてゆっくりやっていきますか。

発音

英語上達完全マップでは発音に関するトレーニングにつては詳細に記載されていない。だからといって発音が重要でないわけではなく、語学学習において発音というものは言わずもがなな重要項目である。発音に関しては、王道的・効率的トレーニングというものがなく、正しい発音の仕方で実際にどれだけその音を自分の口で出したかという経験だけがモノを言ってくるだろうと思われる。だから、あえてそのトレーニング法については述べられていないのかもしれない。

とにもかくにも、学習の仕方が明記されていないため、他で色々調べつつ自己流でやるしかない。とはいえ、自己流といってもおそらくみんな同じようなやり方だろうけど。一応、他のトレーニング同様にトレーニングスケジュールを構築してみた。他同様、ステージごとのトレーニングで短期的に繰り返し集中学習する計画である。

第1ステージ:
子音、母音について各発音記号とそれぞれの発音の仕方を身に付ける。単語レベルでの発音練習を繰り返し、発音記号を見れば発音ができるレベルにする。このレベルを確実に身に着けるため、しっかり時間をかけて確実にこなす。
また、ある程度こなして慣れてくると、単語の綴りを見ただけでだいたいの発音記号が想像できるようになる。英単語の発音と綴りは一見無秩序バラバラのように見えて、実は想像以上に規則性があることに気づく。このことは各種発音教材本でも述べられていることが多いので、それらを確認しながら綴りと発音の関係についても身に付けていく。トレーニング以外の実際の英文では発音記号なんかついてないのだから、自分で綴りを見て発音が想像できるように。。。

発音練習用教材は1冊ではなく、2冊以上、できれば3冊は異なる著者による本をこなした方がいい。各著者により発音記号の種類、分類や発音の仕方(口・舌の形等)、考え方などなど様々であり、どれか一つ、これだけが完全に正しい!というものはない。ある程度評判の高い教材を3冊はこなして、それぞれの良い要素を自分なりに処理して臨機応変に学んで身に付けていくのがいいだろう。自分のオススメとしてはオバケの英語、英語舌の作り方、英語耳、UDA式30音本(+DVD)の内、少なくとも一つはやっておいた方がいいと思う。

第2ステージ:

第1ステージで単語単位での発音は身につけた状態。しかし、英文単位となると流暢に口をついて発声するのはなかなか難しい。そこで第2ステージでは、正しい発音の仕方を身につけた上でそれを実用できるようになるためのトレーニングとして、発音練習用英文教材を用いた文単位での発音練習を行う。 ところが、この目的のための教材というものはほとんど世にないため、「英語口を使い倒せ!! その3」で作成した教材を用いて、英文レベルでの発音トレーニングを実践していく。

第3ステージ:
第2ステージで英文単位での発音トレーニングを終了、その後は第3ステージと銘打っているが、実際に特別なトレーニングをするわけではなく、音読パッケージや瞬間英作文等で正確な発音を心がけながら各トレーニングを実施する中で第3ステージトレーニングとする。

世の中には数多の発音用教材が存在する。それぞれ図や写真、解説など様々な工夫をこらした良教材も多いのだが、それらのほとんど全ては、「発音記号と発音の仕方」「単語での発音練習」のレベルまでの教材しか用意されていない。その単語を含む例文が載っている場合もあるが、その単語の発音記号が載っているだけで、英文全体の正しい発音記号はないし、例文数も少ない。果たして発音を真面目に学ぼうという人たちはこれらの本、1単語ずつレベルの発音練習ばかりしていて、長い英文がまともに発音できるようになるのだろうか? なるのかもしれないが、少なくとも自分は無理ぽ。。。
appleとかbirdとか、一単語ずつレベルならそりゃあ、かなりそれっぽく、正しい発音っぽく言える。が、これが長い英文になると途端、頭が追いつかず、舌が回らなくなり、グチャグチャのカタカナ発音に戻ってしまう。単語レベルはいい。一単語に集中すればいいし、この綴りだとこの発音記号だろうから口の形はこうだな、と考える余裕がある。が、英文になるとそんな余裕はない。これはかなりの慣れが必要に思える。全ての単語に正しい発音記号のついている長英文を繰り返し繰り返し発声して「英文単位レベル」での発音トレーニングを地道に行い、頭と口になめらかな英文発音の口の動きを染み込ませることが大変重要なのではないかと思う。

ところが、残念なことにこのような教材、「適当な長さの英文で、全単語に適切な発音記号が記載されていて、英文を見ながら正しい発音を認識してトレーニングできる教材」というものはほとんど皆無である。英語耳シリーズはかなり理想に近いが、発音の解説が多いため、練習用の英文は少ないため、満足いく量はこなせなそうだ。発音記号のついた英文、音声がたっぷりと収録されている英文発音練習用の教材というものは見かけない。そういうのが欲しいのに。そういうので練習すれば力がつくだろうと思えるのに。

だったら、無いのなら自分で作るしかない! ということで作ることにした。
元教材は例により、これまでしつこく使ってきた市橋敬三氏の「英語口」だ。

[英語口で「発音練習用英文教材」を作製しよう ~英語口を使い倒せ!! その3~]の続きを読む

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 106-108「Adjectives and adverbs」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 102-105「Adjectives and adverbs」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 母音

発音の母音トレーニングを開始。子音と違って明確な区別がわかりにくい。特にいわゆる「ア」系の音、難しいなぁ。どの発音の本を見ても重要なのは、口の開き方の違いらしいんだが。筋トレのようにアゴを動かし続けて慣れるしかないか。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 99-101「Adjectives and adverbs」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 子音

ようやく文法、Unit100を突破。これで101/133。残り約1/4、これまで1ヶ月半ほどかかった。12月中には全Unitが一通り終わりそうかな。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 95-98「Adjectives and adverbs」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 子音

文法のGrammar in Useでは毎回、新たな発見がある。「Adjectives and adverbs」は形容詞と副詞のことなんだけど、形容詞は名詞の特徴を現す語で"nice, big, new, red, American, wodden"などなど色々あるわけだけど、これらの語はただやみくもに並ぶんじゃあなくてきちんときまりがあるらしい。
ある車に色々な特徴があった場合、例えば"a nice big new red American car" という順番であらわすのが普通で a big nice~ や ~red new~ なんて順番には普通しないんだって。

あ、でも日本語文法書にも載ってた。。。でもGrammar in Useは練習問題が豊富だからきっちり理解できる。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 92-94「Relative clauses」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 子音

 
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
森沢 洋介 (2006/10)
ベレ出版

この商品の詳細を見る


短文暗唱=瞬間英作文用 レベル1教材

【内容】
英語上達完全マップ作者、森沢氏によるマップで推奨している「短文暗唱=瞬間英作文」のための専用書籍(タイトルまんま)。瞬間英作文トレーニグの中でも第1ステージ(詳細は
公式サイト)に特化した内容からなり、中学レベルの簡単な単語、文型を用いた短文からなる。3学年にわかれており、中学1年 23文型×各10例文中学2年 34文型×各10例文中学3年 22文型×各10例文合計790例文とかなりの文量からなる。いずれの例文も中学レベルの単語から成っているため、難しい単語や熟語暗記に労力を使う必要が無く、英作文のみに専念できる。全ページ見開きで1文型レッスン、片側に日本語、反対に英語、下欄外に間違えやすいポイントなどを簡単に書いてある。本は市橋氏の英語口よりも小型(新話すため英文法と同サイズ)で持ち運びには便利でありながら、例文は大きく余白も多くて見易いレイアウト。
巻頭には瞬間英作文トレーニング法について、マップでの説明を踏まえてさらに詳細な解説がなされ、巻末では作者自身の体験談―英語力はある(TIME等が普通に読める)のにコミュニケーション会話ができない!―が興味深く書かれている。
付属CDには全例文について「日本語→ポーズ→英文」が収録されており、ポーズはつっかえずに瞬間英作文できれば丁度いいくらいの間隔がとられている。音声は日本語、英文ともにそれぞれ女性一人による吹き込みとなっている。

【評価】
瞬間英作文トレーニングを推奨する作者自身が作った専用書籍であるため、当然、同トレーニングには最適の内容である。やや厚みがあるが小さなサイズに見やすくよくまとめられている。各ページには作者の身内(奥さん?)によると思われる表紙ネコの様々なイラストもあり、利用者にはおおむね好評なようだ。例文は英文自体を見れば、本当に中学レベルで(ベレ出版サイト見本あり)ほぼ全て訳せるほど簡単なため英作文作業だけに専念できるのだが、優しすぎるためモノ足りなくて飽きるのが早いかもしれない。ちょっと難しめの単語や表現があってもいいから、おもしろい例文、実用会話で即使える例文がいい人は英語口の方がいいかもしれない(最初は大変だが何度も繰り返せばすぐ覚える)。一方で市橋氏の書籍と同様、文法的な解説そのものはほとんど無いため、やはり基本的な最低限の中学英語文法は別途、身に着けておく必要がありそうだ。
CDもポーズの間隔をほどよく作ってあるのでCDを用いた瞬間英作文トレーニングには最適である(英語口のCDはポーズが短い)。ただ、音声吹き込みが日英ともにそれぞれ一人の人物によるものなのでずーっと聞いてると飽きてきやすいかもしれない(英語口はレッスンごとに英文は男女入れ替わりでメリハリがある)。

例文、CDのボリュームの割りに値段は安めでコストパフォーマンスも良いし、質も良いので、瞬間英作文用に何をやるか迷ってる人には間違いなくオススメできるだろう。自分は英語口を既に持っていたため購入は見送ったけどね。。。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 89-91「Relative clauses」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 子音

子音もだいぶ板についてきた。けど[s]と[∫]、すなわちseeとSheの区別がまだなかなか難しいや。

短文暗唱・瞬間英作文 第2ステージ、サイクル2’(だっしゅ)
・英語口初級編 英語音声シャドーイング(シャッフル再生)

文法 第1~2ステージ、サイクル1
・Grammar in Use Intermediate Unit 87-88「Pronouns and determiners」

発音 第1ステージ
・UDA式30音DVD 子音

ようやく体調回復でトレーニング再開。風邪をひきながらも、英語口初級編2の"Since he has a high fever, he can't go to work."、"Since I have a nasty cold, I can't see you today."、"Since he has a bad cough, you'd better not see him."あたりの例文がサラッと口をついて出るようになったから進歩したものだ。 さらにこれらを"because"で言い換えて完璧! 日々の瞬間英作文の成果デス。

うぅぅ

風邪で寝込んでこの最近勉強できず・・・