FC2ブログ

英語上達完全マップの道

英語学習法サイト「英語上達完全マップ」に乗っ取り、実用に耐えうる真の英語力をつけるべく、日々まったりと勉強していく記録。

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の勉強をするのに「どうせやるなら楽しみながらやりましょう!」ってことで英語のドラマや映画を見ることをすすめてるのをよく見かけるが、実際その効果のホドはどうなんですかね、実践してる人。。。
既にかなり力のある人なら確かに効果はありそうだが、まだその域に達していない人、でも英語作品を楽しみたい人にはかなりハードル高いんじゃないかと思える。とりあえず自分は全然楽しめない。 何故か??    以下に、その問題点を述べてみる。(独断と偏見による)


実写ドラマ・映画の特徴
・俳優の表情・演技力などに重きが置かれているため、俳優によってはアクセントや滑舌が悪かったり、クセがあったりと、聞き取りにくいことも。(俳優は「演技」のプロであって「しゃべり」のプロではない)
・上述のように俳優の演技や映像で「見せる」部分も多く、セリフ自体が比較的少ないことがある。
・1作あたり1~2時間と長いので気軽に見るには大変。
・海外オリジナルの場合、内容に馴染みがないとわかりにくい。(わからんと楽しくない)
・内容のわかる日本オリジナル作品の海外盤は映画作品はあってもドラマはまずない。


このように独断的に述べると、英語リスニング学習に利用するにはけっこう大変だと思うがどうだろうか。2時間もある映画を何度も見たいと思わないし、ぶっちゃけあまり映画が好きじゃない。(オイ!)  B級アクションとかB級パニックものとかは好きなんだけど、セリフ少なそうだし。。。
じゃあ、我々(というか自分だけか?)にはもはや道はないのか?? 英語で作品を楽しみたいというのは一部のバイリンガルのみに許された特権なのか!?

[アニメで英会話!]の続きを読む
スポンサーサイト

2週間で英語が耳に飛び込んでくる!奇跡の音、英語聴覚セラピー 2週間で英語が耳に飛び込んでくる!奇跡の音、英語聴覚セラピー
篠原 佳年 (2006/07/21)
きこ書房

この商品の詳細を見る

英語学習補助教材

【内容】
 先日、紀伊国屋書店で見かけると発売から半年以上経過(2007年1月)にもかかわらず英語書籍売り上げ1位になっていた本。書店で見かけた人、気になっている人も多いであろう、付属CDを毎日聞き流すだけで英語を聞き取れる耳が手に入る!という魅力的な謳い文句の商品だ。
 内容は聴覚カウンセラー師、篠原佳年医学博士が長年実践してきた聴覚リハビリを応用して英語を聞き取れる耳を作ろうというもので、その秘密は英語と日本語の周波数の違いに注目したという帯には「ついに実現!なぜこんな簡単な方法に気が付かなかったのか!」とあるが、知る人ぞ知るマジックリスニングでは大昔から提唱されている特に目新しくも無いお馴染みの原理だ。書籍はその理論と使い方について約10ページ、トレーニング用英文(全5レッスン、206英文)が約70ページほどで計90ページもない極薄本(分厚いハードカバー表紙でボリューム補充)。英文は英会話教材にありがちな海外旅行の出発から帰国までの空港、ホテル、店での会話を集めたもの。メインである付属CDにはそれら英文のノーマル周波数音声、2000-4000Hz強調音声、4000-8000Hz強調音声が収録されており、英語音声は主に2000Hz以上の音が多いので(日本語は1500Hz以下)、これら加工音声を毎日聞きまくって英語周波数に慣れた耳を作って英語耳を作ろうというもの。CDは全音声で約70分で、トレーニングは1日2回30分以上、最低2~4週間以上聞くという方法。加工音声には英語学習者にはもはやお馴染みであるリラックスのためのクラシックがBGMで流れている。高周波数加工音声の聞き心地は、音声全体がくぐもった感じで小さく聞こえ、英文がツンツンキンキンと耳ざわりに聞こえる。確かに耳や脳を刺激しそうな感じだ。

【評価】
 英語学習者ならぜひとも飛びつきたくなるような魔法のような教材、自分も飛びついてみた(半分話のネタ程度に)。CDが全部で70分で1日2回30分以上聞けということなので、単純に半分ずつ朝夜に1ヶ月ほど聞いてみた。CDはレッスン1の普通、加工1、加工2、レッスン2の(略)という順で収録されているので、順番どおりに聞いていった。果たして効果のほどはというと、数日聞き続けていると、ほんの少し気のせいか?と思う程度の微細な変化といえる程のものかも解らないような事が体感できた。CDを聞いていると、どうも耳がキンキンして頭の奥に何か鈍く響くような感じがあった。そして、トレーニング外の通常の英語音声を聞いている間も、このキンキン感がわずかにではあるが持続しているように感じた。日本語のTV番組や歌などを聴いててもキンキン感を感じることはほとんどない。すなわち、この感覚は英語を聞いている状態に関連したものだろう。
 果たして高周波を聞き取れる英語耳というものが具体的にどういうものなのか判らないが、この現象が、トレーニングにより耳が高周波をある程度認識できるようになったが明確な音として識別できないためキンキン雑音のような感覚になってきたのか、ただの気のせいプラシーボなのかは自己判断できない。だが、1ヶ月以上聞き続けたが、すげー!!以前より断然英語聞き取れる!って悟りの境地には全く達しなかった。しかも途中でCDプレーヤーが壊れてトレーニングできなくなって数ヶ月中断したし。トレーニングをやってない現在では英語を聞いてても以前のようなキンキン感は感じない。トレーニングを中断して耳が元に戻ったのか、はたまた英語高周波を認識できるようになってキンキン雑音としてはもう認識してないのか(たぶんほぼ前者・・・)。Amazonレビューでも効果ある!ない!!と分かれているが、自分的にはこの手の教材に飛びついてしまう人が期待するほどの劇的な効果は感じなかったが、何がしかの変化は感じられたと思う。トレーニングを継続し、日々英語を聞き続ければ、いつかブレイクスルーが起きて大変化が感じられるようになるかもしれない。可能性は未知数だ。

 ただ、収録英文はそこらに転がってる旅行会話例文なので猛烈につまらない!ということとパソコンスキルに詳しい人ならソフトを使って他のCDなどでも周波数加工音声は容易につくれるだろう。マジックリスニングに似た感じの教材だが価格は大変お求め易くなっておりますので、マジックリスニングが気になってる人は入門用にいいかもね。他のレビューでも何がしか効果を感じた人も多いようだし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。